コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篦棒・箆棒 べらぼう

大辞林 第三版の解説

べらぼう【篦棒・箆棒】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
人をあざけりののしっていう語。ばか。あほう。 「とんだ-が現れたもんだ」
筋の通らないこと。ばかげていること。また、そのさま。 「そんな-な話はない」 「 -な値段」
並はずれてひどい・こと(さま)。 「 -に暑い」 〔寛文年間(1661~1673)に見世物にされた、全身が黒くて頭がとがり、目が赤く猿に似たあごをもつ奇人「便乱坊べらんぼう」「可坊べくぼう」から出た語という。「篦棒」は当て字〕
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android