コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡易保険と団体払込制度

1件 の用語解説(簡易保険と団体払込制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

簡易保険と団体払込制度

郵便局で扱う生命保険で、契約の際に医師の診察が必要ない。団体払込制度は自治会や職場など一定の要件を満たす団体が対象で、15人以上の契約者がいることが必要。保険料は団体が集めて払い込む。郵便局の集金コストが軽減されるため保険料を6〜7%割り引き、その分は団体の活動費や契約者への還元などに充てられる。

(2006-03-29 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

簡易保険と団体払込制度の関連キーワード簡易生命保険簡易郵便局保険医郵便貯金生保普通生命保険生命保険募集人有診査保険個人生命保険生命保険契約

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone