コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡易宿泊所(簡宿)

1件 の用語解説(簡易宿泊所(簡宿)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

簡易宿泊所(簡宿)

宿泊施設は営業形態や設備により、旅館業法で「ホテル」「旅館」「簡易宿泊所」などに分類される。簡宿は「宿泊する場所を多数人で使う構造、設備を主とする有料施設」とされるが、個室も多く、カプセルホテルも簡宿にあたる。ホテルや旅館より設備が簡素で、風呂やトイレは共同。食事も出ない。山谷地区がある台東区と荒川区の条例は、客室の1人当たりの面積を1・5平方メートル以上と定める。宿泊代は2千~3千円台がほとんどだ。

(2014-05-28 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

簡易宿泊所(簡宿)の関連キーワード旅館旅館業法鉄道営業法民宿簡易旅館宿屋簡易宿所大阪の個室ビデオ店放火事件宿泊約款避難高校と宿泊施設

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

簡易宿泊所(簡宿)の関連情報