籠神社(読み)こもりじんじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

籠神社(こもりじんじゃ)
こもりじんじゃ

京都府宮津市字大垣に鎮座。社名については「籠」を「こ」と読んで「このじんじゃ」と称するのを正式としている。祭神は彦火明命(ひこほあかりのみこと)、豊受大神(とようけのおおかみ)、天照大神(あまてらすおおみかみ)、海神(わたつみのかみ)、天水分神(あめのみくまりのかみ)。崇神(すじん)天皇の代、天照大神が大和(やまと)国(奈良県)笠縫邑(かさぬいむら)から伊勢(いせ)国(三重県)へ御遷座の途次、当地に4年間とどまられ匏宮(よさのみや)(のちに与佐宮、与謝宮など)と称したと伝えられ、元伊勢宮(もといせぐう)ともよばれる。延喜(えんぎ)式内名神(みょうじん)大社で丹後(たんご)国(京都府北部)一宮(いちのみや)。旧国幣中社。例祭は4月24日で、葵(あおい)神事(葵祭)と称するが、フジの花をかざすのが古例で、獅子舞(ししまい)、太刀振(たちふり)、鶺鴒囃(ささばやし)の奉納がある。社宝の社家海部(あまべ)家の伝える海部直系図は国宝、石造狛犬(こまいぬ)、銅製経筒は国の重要文化財に指定されている。[佐野和史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android