コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

籠釣瓶花街酔醒・篭釣瓶花街酔醒 かごつるべさとのえいざめ

大辞林 第三版の解説

かごつるべさとのえいざめ【籠釣瓶花街酔醒・篭釣瓶花街酔醒】

歌舞伎世話物の一。三世河竹新七作。1888年(明治21)初演。通称「籠釣瓶」。野州佐野の絹商人次郎左衛門は吉原の遊女八橋を身請けしようとするが情人のいる八橋に愛想尽かしをされ、名刀籠釣瓶で百人斬りに及ぶというもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

籠釣瓶花街酔醒・篭釣瓶花街酔醒の関連キーワード愛想尽かし吉原情人初演

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android