コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米の等級

1件 の用語解説(米の等級の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米の等級

収穫した玄米の検査で、水分量や形など一定の基準を満たし、十分に成熟した粒が70%以上なら1等、60%以上は2等、45%以上は3等に格付けする。基準を満たさない米は「規格外」とされ、規格米の半値以下で取引されることもある。ビールなどの原料になる場合もある。

(2007-09-07 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米の等級の関連キーワード玄米茶収量出来高玄米貯蔵死後検査食肉検査適応検査コメの等級ルーチン検査 (routine test)アルコール検査 (alcoholic test)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米の等級の関連情報