米アカデミー賞

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米アカデミー賞

1929年、米国の映画会社経営者や俳優、監督などでつくる「映画芸術科学アカデミー」が始めた。カンヌなどの国際映画祭とは異なり、基本的には米国内の賞といえる。前年に米国で1週間以上上映された映画の中から候補を選び、約6千人のアカデミー会員の投票で受賞作(者)を決める。

(2009-02-24 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米アカデミー賞の関連情報