米アカデミー賞

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1929年、米国の映画会社経営俳優監督などでつくる「映画芸術科学アカデミー」が始めた。カンヌなどの国際映画祭とは異なり、基本的には米国内のといえる。前年に米国で1週間以上上映された映画の中から候補を選び、約6千人のアカデミー会員の投票で受賞作(者)を決める。

(2009-02-24 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米アカデミー賞の関連情報