コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米中投資協定

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米中投資協定

企業の相手国への進出や、相手国企業の買収の条件を国同士であらかじめ決めておき、相互投資の加速を狙うのが投資協定。米中は2008年に協定の交渉開始を決めたが、金融危機の影響で協議は停滞していた。両政府は今回、規制する産業を列挙し、ほかは原則として自由参入を認める「ネガティブリスト」という方式を採用することを決めた。中国は、日本などにはこの方式を認めていない。

(2013-07-13 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米中投資協定の関連情報