コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米企業改革法

1件 の用語解説(米企業改革法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米企業改革法

巨額の粉飾決算などが明らかになったエンロン事件などを機に、不正会計の防止策として02年成立した。同法404条に基づき、企業経営者は米証券取引委員会に提出する年次報告書の中で、正確な決算書をつくる手続きやルール(内部統制)が整っているかどうかを自ら評価し、監査法人の点検を受けなければならなくなった。404条は米国で多い12月期決算企業には04年12月期から適用。外国企業には06年7月15日以降に終わる決算からの適用で、日本企業に多い3月期決算の場合は07年からになる。

(2007-01-03 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米企業改革法の関連キーワードSOX法粉飾決算発見システム明らむ決算報告種が割れる二重帳簿ろまんちっく村シモレン不正融資訴訟みすず監査法人安井誠

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone