米光 関月(読み)ヨネミツ カンゲツ

20世紀日本人名事典の解説

米光 関月
ヨネミツ カンゲツ

明治・大正期の小説家



生年
明治7年3月24日(1874年)

没年
大正4(1915)年5月8日

出生地
山口県下関

本名
米光 亀次郎

学歴〔年〕
東京専門学校中退

経歴
幸田露伴の門下で、明治32年8月の新小説に「生駒山」が当選。35年大阪毎日新聞に「薄墨の松」が2等当選。ちなみに1等は中村春雨の「無花果」だった。39〜41年にかけ成功雑誌社から「探険小説・短刀英雄」「少年水滸伝」「立志小説・砿山王」などを刊行。露伴門下の最好会編「短詩 初潮」に短詩が収録されている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android