コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米印の原子力協力

1件 の用語解説(米印の原子力協力の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米印の原子力協力

経済成長でエネルギー需要が高まるインドが、国際原子力機関(IAEA)による核施設の査察を受け入れ、その見返りに、米国が原子力発電の技術や燃料を供給する。3月2日、ブッシュ大統領の訪印時に両国が合意した。ただ、査察対象は22の核施設のうち民生用14施設で、軍事用8施設は除かれた。米国が核不拡散条約(NPT)に加盟していないインドに核保有を例外的に認めた形で、国際的な核軍縮体制が揺らぐと批判が出ている。

(2006-03-18 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone