コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国と銃社会

1件 の用語解説(米国と銃社会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国と銃社会

国内に3億丁近くの銃器が出回っているとされ、事件のたびに規制を求める声が上がるが、進んでいない。開拓時代からの伝統が重んじられ、自衛のための銃所持の本格規制には反発が強いためだ。全米ライフル協会の影響力も大きい。武器所有の権利に言及した憲法修正第2条の解釈を巡り、連邦最高裁は2008年、個人が自衛目的で家庭で銃を持つ権利を認めている。主な事件にはルイジアナ州での日本人留学生射殺(92年)、コロラド州のコロンバイン高校で生徒2人による13人射殺(99年)、バージニア工科大で男子学生による32人射殺(07年)などがある。

(2011-01-10 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国と銃社会の関連キーワードベルヌーイの定理国内法銃器銃撃出回りナップザック回り回って出回り期マーシャルのK(Marshallian k)SITI/SOTO

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米国と銃社会の関連情報