コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国による台湾への武器売却

1件 の用語解説(米国による台湾への武器売却の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国による台湾への武器売却

1979年、中国と国交正常化した米国は、「台湾関係没を制定して台湾への影響力の維持を図り、中台の軍事バランスの均衡を守るため「防御的性格の兵器」を供給してきた。82年に米中が合意した台湾コミュニケでは売却を「段階的に減らす」としたものの、台湾海峡を巡る緊張が高まった90年代に売却が本格化。その都度、中国側が強く反発してきた。一方、米国は台湾が求めるイージス艦や新型F16戦闘機などの売却には踏み込まず、中台双方との外交バランスを図るカードとして機能してきた。

(2011-01-11 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国による台湾への武器売却の関連キーワード周恩来日中共同声明ピンポン外交国交国交回復台湾関係法中国とバチカン中国残留日本人孤児中国残留日本人孤児・婦人日中文化・スポーツ交流年

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米国による台湾への武器売却の関連情報