米国の「航行の自由作戦」

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国の「航行の自由作戦」

米国が、度を越えた海洋権益の主張をしていると判断した国の海域や空域を対象に、米軍の艦船や航空機を派遣する作戦。国際法に基づき、すべての国が自由に海・空域を使えることを保障するため定期的に行っている。 南シナ海では昨年10月、中国が南沙(スプラトリー)諸島の岩礁を埋め立てた人工島から12カイリ(約22キロ)内にも、米海軍のイージス駆逐艦を派遣。その後、今年1月に西沙(パラセル)諸島、5月に再び南沙諸島でも実施した。中国の人工島に対して、今後も3カ月に1~2度のペースで実施していく方針とされる。

(2016-05-27 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android