米国のカトリック信者

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国のカトリック信者

建国以来、プロテスタントが主流を占めてきた米国だが、AP通信によると、人口の約4分の1にあたる約6800万人がカトリック信者。世界で4番目に多い国だ。国内で急増するヒスパニック系が、今では信者の約4割。一方、神父らによる児童への性的虐待事件などを理由に教会を離れる人も相次いだ。 歴代大統領でカトリック信者はケネディ氏1人だが、連邦議員の約3割が信者。政治的要人も増えている。法王の連邦議会演説の際、後ろの壇上に並んだバイデン副大統領、ベイナー下院議長はどちらも熱心な信者として知られる。

(2015-09-29 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android