コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国のテロ支援国家指定

1件 の用語解説(米国のテロ支援国家指定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国のテロ支援国家指定

米政府は国内法に基づき、国際テロ組織に資金や武器を与えるなどしている国を「テロ支援国家」に指定。武器の禁輸、世界銀行から融資を受けられないといった制裁が科される。米国務省は06年版の国際テロの年次報告で北朝鮮について(1)「よど号」乗っ取り事件の日本赤軍メンバーを今も保護している(2)日本人拉致被害者12人について日本政府が完全な説明を求め続けていると説明した。北朝鮮のほかイランキューバスーダンシリアがテロ支援国家とされている。

(2007-09-04 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国のテロ支援国家指定の関連キーワード国際犯罪非政府組織国内法イスラム法廷連合(UIC)コロンビア革命軍(FARC)ソマリアのイスラム法廷テロ支援国家指定国連安保理決議1746令状なし盗聴活動ジェマー・イスラミア(JI)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米国のテロ支援国家指定の関連情報