コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国の医療保険と改革法案

1件 の用語解説(米国の医療保険と改革法案の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国の医療保険と改革法案

米国は先進国で唯一、国民皆保険制度がない。公的な保険が用意されている低所得者と高齢者以外は、民間保険会社の保険に入る。カイザー・ファミリー財団の調べでは、1世帯当たりの保険料支払額は会社負担分と合わせ年間1万3375ドル(約120万円)。勤め先が大企業だと、保険料の一定割合を会社が負担するため、保険料の自己負担分は3分の1程度。しかし、同財団の調べでは従業員200人未満の中小企業で約半数が保険に加入していない。非加入の会社の従業員は全額自己負担を強いられている。高すぎる保険料を払う余裕がないため、米国民の6人に1人が保険に入っていない。オバマ政権は、無保険者を減らすために医療保険制度の改革に力を注ぐ。現在、上院議会で関連法案を審議中だが、目標の年内成立をあやぶむ声もある。*連載の関連記事を18日付医療面で掲載します。

(2009-12-17 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国の医療保険と改革法案の関連キーワード国民年金法メディケア国民皆保険関税自主権国民皆兵保険診療米国の医療保険制度米国の医療費と医療保険改革米国の医療費と医療保険制度医療保険制度改革

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone