コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国の医療費と医療保険改革

1件 の用語解説(米国の医療費と医療保険改革の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国の医療費と医療保険改革

米国の1人あたり医療費は日本の2.7倍で、経済協力開発機構(OECD)加盟国中で最も高い。医療過誤訴訟を回避するため過剰医療の傾向になり、医療費が高騰した。だが、国民皆保険ではなく、公的保険制度は高齢者向けと低所得者層向けのみで、残りは民間の市場原理任せ。無保険者は人口の15%にあたる約4600万人。貧困層向けの公的保険を受けるには所得が高すぎるが、民間保険の掛け金を払えない人々で、問題となってきた。90年代前半にクリントン政権が目指した改革は挫折。オバマ政権は無保険層の救済のため、新たな公的保険制度を設け、民間保険の加入基準も緩和させる案を打ち出した。

(2009-08-23 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国の医療費と医療保険改革の関連キーワード医療費控除国民医療費医療費用保険乳幼児医療費助成制度米国の医療保険制度沖縄の被爆者と救済策の遅れ子どもの医療費助成米国の医療費と医療保険制度医療保険制度改革出産と医療費控除

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone