コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国の宗教

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国の宗教

建国の祖とされるピルグリム・フゼザーズは、プロテスタントの一派であるピューリタン(清教徒)だった。英国国教会の迫害を逃れ、理想的なキリスト教社会を築こうと北米大陸に渡った。現在も国民の5~6割がプロテスタントで、カトリックが25%ほど。ユダヤ教、モルモン教を含め、聖書を信仰する人々が大多数を占める。

(2012-10-08 朝日新聞 朝刊 朝文化1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

米国の宗教の関連キーワードジョウゼフ・フランクリン ラザフォードギルバート・L. ジョンストンヘンリ・ジョエル キャドベリR.ラニエール ブリッチュロバート・S. エルウッドウイリアム・R. ホイトリチャード ピルグリムジョージ オールチンK.M. スタッグスメアリー マクミランE.R. スワンガーL.L. ラクーアA.G. グラパルA.W. ワッツララ(LARA)M・B・エディーH.ジン キムMRA運動ララ物資LARA

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米国の宗教の関連情報