コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国の竜巻

1件 の用語解説(米国の竜巻の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国の竜巻

米国では年間約1200個の竜巻が発生する。オクラホマカンザスネブラスカなどの多発地帯は「竜巻回廊」と呼ばれる。かつては年に数百人が犠牲になったが、予知と警報の技術が進んで人的被害は減少。近年では死者20人ほどの年もある。日本出身の竜巻研究家では、竜巻の強さの尺度「フジタ」に名を残した福岡県出身の故シカゴ名誉教授藤田哲也氏が有名。気象庁によると、日本で確認された竜巻は2006年までの16年間でみると1年あたり約13個。

(2010-07-31 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国の竜巻の関連キーワード竜巻小菜蛾二化螟蛾派生需要発癌腫瘍発生竜巻とダウンバーストすす穂病(ソルガム・スーダングラス)雲形病(オーチャードグラス)雲形病(リードカナリーグラス)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米国の竜巻の関連情報