コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国の竜巻

1件 の用語解説(米国の竜巻の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国の竜巻

米国では年間約1200個の竜巻が発生する。オクラホマカンザスネブラスカなどの多発地帯は「竜巻回廊」と呼ばれる。かつては年に数百人が犠牲になったが、予知と警報の技術が進んで人的被害は減少。近年では死者20人ほどの年もある。日本出身の竜巻研究家では、竜巻の強さの尺度「フジタ」に名を残した福岡県出身の故シカゴ名誉教授藤田哲也氏が有名。気象庁によると、日本で確認された竜巻は2006年までの16年間でみると1年あたり約13個。

(2010-07-31 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

米国の竜巻の関連キーワードインド哲学デンマーク文学度量衡WikiLeaksUXGAWUXGA家庭内暴力梶原景季武田有義WUXGA

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米国の竜巻の関連情報