コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国の貧富の差

1件 の用語解説(米国の貧富の差の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国の貧富の差

統計によると、米国の貧困人口は89年(12%)から93年(15%)まで増加した後、00年(11%)までは好景気を受けて減少したが、その後は再び、じりじりと増えている。米国のトップ企業367社の経営者が得る報酬平均を労働者平均と比べた調査では、82年に42対1だった格差が90年には107対1、04年には431対1に広がった。

(2006-01-09 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国の貧富の差の関連キーワード人口11億人人口統計一人口は食えぬが二人口は食える住いの貧困人口静態統計パチンコ不況戸籍と親子関係の不整合大都市化ネパールの貧困婚姻率

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米国の貧富の差の関連情報