コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国のMDシステム

1件 の用語解説(米国のMDシステムの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国のMDシステム

ブッシュ大統領は01年5月、弾道弾迎撃ミサイル(ABM)条約の制限を超えるミサイル防衛網構築の方針を表明。翌年に同条約を脱退し、04年に実戦配備を始めた。技術的には音速の数倍〜20倍で飛来する弾道ミサイルに迎撃弾を命中させて破壊する「ヒット・トゥー・キル」に基づく。現在15カ国が協力。英国とデンマークに置くレーダーを改修し、統合運用して欧州を最も広範囲に守れる配備場所が、ポーランドチェコとされる。日本は、次世代兵器を共同開発し、迎撃テストに参加する際だった協力国だ。

(2007-07-12 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国のMDシステムの関連キーワードABMブッシュ議会休会中任命ATBM弾道弾PSACPCASTジョージHWブッシュミサイル迎撃ミサイルES細胞とブッシュ政権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米国のMDシステムの関連情報