コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国家安全保障局(NSA)

2件 の用語解説(米国家安全保障局(NSA)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国家安全保障局(NSA)

通信傍受・盗聴・暗号解読などの「信号情報」活動を担当する国防総省傘下の情報機関。1952年に発足。職員は3万人以上、予算も中央情報局(CIA)を上回るとされるが、機密になっている。米国に英国、カナダオーストラリアニュージーランドが加わった英語圏5カ国の傍受情報システムエシュロン」の主導権を握っているとされる。インターネット上の電子メールによる情報も収集しているとみられている。

(2006-05-12 朝日新聞 夕刊 2総合)

米国家安全保障局(NSA)

1952年創設の米国防総省の情報機関。通信情報の収集や暗号解読などを任務とし、ワシントン近郊の陸軍基地内に本部を置く。発足当初は存在も秘密だった。職員数は公表していないが、数万人といわれる。

(2013-06-12 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国家安全保障局(NSA)の関連キーワード暗号化解読サブスクリプションTVクリプトロジー傍受暗号文COMINT盗聴法ダ・ヴィンチ・コード和智恒蔵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone