コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米国産牛肉の輸入問題

1件 の用語解説(米国産牛肉の輸入問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米国産牛肉の輸入問題

03年12月、米国初のBSEが確認され、日本は輸入を停止。食品安全委員会は04年9月に「全頭検査をしても生後20カ月以下では病原体の蓄積がわずかなので、感染牛を見つけるのは困難」とする報告をまとめた。ブッシュ大統領は首脳会談で「政治判断も必要」と解禁を迫り、日米政府は10月、危険部位を除去した20カ月齢以下の牛は検査なしで輸入する方針で基本合意。食品安全委は05年5月、「検査から20カ月以下を除外しても危険性は変わらない」と結論。12月には基本合意の条件での輸入についても事実上容認する答申を出した。

(2006-01-21 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米国産牛肉の輸入問題の関連キーワード未確認初記録種農業後継者センブリエキス新型インフルエンザの国内初感染平塚の汚染土壌大野城跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone