コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米政府支出の強制削減

1件 の用語解説(米政府支出の強制削減の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米政府支出の強制削減

2021会計年度(20年10月~21年9月)までに計1兆2千億ドル(約110兆円)を削減する。13会計年度は850億ドルの削減が予定され、軍事予算は13%減る見通し。11年に法定の政府債務の上限を引き上げた際、長期的な赤字削減策を作ることを条件にしたが、与野党の協議がまとまらず、強制削減措置が設定された。背景には08年のリーマン・ショック後の景気対策で債務が膨らんだことがある。今年1月1日に発動予定だったが、減税打ち切りと歳出削減が重なる「財政の崖」を回避するために、2カ月だけ先延ばしされていた。

(2013-03-03 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

米政府支出の強制削減の関連キーワードADAMS3D(3次元)プリンターF35戦闘機の調達嘉穂劇場年金制度改革法案蕨[市]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米政府支出の強制削減の関連情報