米英の情報収集を巡る報道

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米英の情報収集を巡る報道

NSAのスノーデン元契約職員がもたらした内部文書をもとに、ガーディアンが昨年6月、「NSAが米電話会社ベライゾンの通話記録数百万件を毎日収集」と特報した。米独仏などのメディアも報道に加わり、日本を含む38の大使館や代表部の通信▽メルケル独首相の携帯電話▽欧州連合(EU)の電話・メール▽国連本部システム――などに対する、米英情報機関の盗聴・傍受疑惑が発覚した。

(2014-02-17 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android