コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米軍の通信2施設返還

1件 の用語解説(米軍の通信2施設返還の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米軍の通信2施設返還

旧日本軍の通信基地や倉庫として利用されていたが、終戦直後に米軍が接収し、電波の送受信施設として使われてきた。2004年の日米合同委員会で返還方針が決まり、今年4月の同委員会で返還時期が合意された。2施設合わせて約320万平方メートル東京ドーム約68個分の広さがある。

(2014-06-30 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米軍の通信2施設返還の関連キーワード公衆通信回線黄麻紙真珠湾戦法畑地野積倉庫旧日本軍砲台日本軍の防空壕旧日本軍の少年採用米海軍佐世保基地

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米軍の通信2施設返還の関連情報