コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米軍統治下の裁判権と日米地位協定

1件 の用語解説(米軍統治下の裁判権と日米地位協定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米軍統治下の裁判権と日米地位協定

1952~72年の米軍統治下の沖縄では、米軍人、軍属やその家族の犯罪は、すべて米軍内の裁判を担う軍法会議が審理し、沖縄(琉球政府)に裁判権はなかった。琉球警察の逮捕権も現行犯以外は認められなかった。本土復帰後は日米地位協定が適用される。容疑者が基地内など米側にいる場合は、日本側に引き渡すかどうかは米側が判断する。第1次裁判権は、公務中の犯罪は米側に、公務外なら日本にある。公務中かどうかは米軍が判断する。日米両政府は2011年、協定の運用見直しに合意。公務中の軍属の犯罪について米側が刑事訴追しないと決めた場合は、日本が裁判を要請できることになった。ただし、公務中の軍人は対象外だ。

(2013-05-12 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米軍統治下の裁判権と日米地位協定の関連キーワード治下大城立裕基地問題沖縄の米軍基地と米軍横須賀基地統一地方選と統一率沖縄の陪審制度南西諸島学徒体育大会沖縄県の米軍機事故嘉手納以南の米軍基地返還計画CIC(Counter Intelligence Corps=対敵諜報部隊)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone