コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米軍読谷補助飛行場

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米軍読谷補助飛行場

旧日本軍が1943年から、沖縄県読谷村の中心部の土地を接収して北飛行場として建設。戦後は米軍が引き継ぎ、パラシュート降下訓練が繰り返し実施された。基地外に米兵や物資が落下する事故が相次ぎ、50年にも民家に燃料タンクが落下し、3歳の女児が死亡している。県と読谷村は日米両政府に対して再三にわたって訓練中止を要求。96年に日米両政府が返還に合意、06年に返還された。

(2010-06-23 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

米軍読谷補助飛行場の関連キーワードレジスタンス文学太平洋戦争マキノ雅広第2次世界大戦ロン=ティボー国際音楽コンクール第2次世界大戦育英制度木下恵介呉昌征サン・テグジュペリ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android