コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米軍関係の漁業補償の仕組み

1件 の用語解説(米軍関係の漁業補償の仕組みの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米軍関係の漁業補償の仕組み

米軍の施設水域での漁業損失への補償は、漁船操業制限法で規定。漁業者が知事を通じて各防衛施設局に、補償の内訳や許可漁業証明書、市町村長発行の操業証明書とともに年度ごとに申請する。各施設局は漁協の水揚げ台帳や水揚げ額、漁船などを調査のうえで補償金を出す。操業制限がない場合の漁業所得額から操業制限を受けた場合の所得額を差し引いた額の8割とされている。

(2007-03-28 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米軍関係の漁業補償の仕組みの関連キーワード漁業災害補償制度漁業専管水域専管水域営業損失FFA海洋保護区漁業保険漁業権漁業漁船損害等補償制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone