コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米連邦緊急事態管理庁(FEMA)

1件 の用語解説(米連邦緊急事態管理庁(FEMA)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米連邦緊急事態管理庁(FEMA)

大規模な災害や事故に対応するため、1979年にカーター大統領の下で発足。被災地の要請に基づき、各省庁や地方政府と連絡を取り、緊急援助や復興などの支援を統括する。全米10地域に事務所があるほか、自治体職員らを対象にした研修所を持ち、防災関連の人材育成も担う。

(2010-01-23 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米連邦緊急事態管理庁(FEMA)の関連キーワードコンソーシアム緊急事態惨事ストレス災禍大震災災害入院特約事業継続計画大規模災害BCP料率クラス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone