コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米韓原子力協定

1件 の用語解説(米韓原子力協定の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

米韓原子力協定

1956年に署名され、米国が研究炉や核燃料を提僑62年に臨界に達し、韓国に初めて「原子力の火」がともった。改定を重ね、現行の協定は74年に発効し、「米国から入手した核物質の再処理や形状、内容の変更には共同決定が必要」と定めた。米国が同意しないため、韓国は自国での再処理や濃縮ができない。一方、米国は日本との原子力協定では再処理や濃縮を認めており、韓国では「日本と同等の権利」を求める意見が出ている。

(2013-04-25 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

米韓原子力協定の関連キーワード研究炉動力炉・核燃料開発事業団核燃料サイクル開発機構NRC強制的スイミングプール炉EU憲法問題欧州通常戦力(CFE)条約中距離核戦力(INF)全廃条約寧辺の核施設

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米韓原子力協定の関連情報