コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒斑病(ソルガム・スーダングラス)

1件 の用語解説(粒斑病(ソルガム・スーダングラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

粒斑病(ソルガム・スーダングラス)

現在のところ栃木県でのみ発生するマイナーな糸状菌病。夏の終わりから発生し、病斑は濃赤色から紫色、円形から楕円形、長さ1ー3cm、幅0.5-1cmで、後に融合して不定形になる。特に葉の裏面の病斑上に固く突出した小黒点(柄子殻)を多数形成し、紙ヤスリのような触感がある。柄子殻内には多数の胞子があり、成熟するとこれが噴出し、風雨で飛散してまん延する。病原菌はアルファルファ茎枯病菌と近縁。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粒斑病(ソルガム・スーダングラス)の関連キーワード職業病現価マイナーマイナーチェンジマイナーレーベル既の所ダブルマイナーペナルティーメジャーマイナーメジャー/マイナー火ぶくれ病(シロクローバ)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone