コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟屋元秀 あわや もとひで

1件 の用語解説(粟屋元秀の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

粟屋元秀

室町末期の武将。毛利元就の家臣。縫殿允、のち備前守と称する。永正14年(1517)元就初陣の際に従って軍功を立て、以来元就の側近として重用される。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粟屋元秀の関連キーワード毛利元康洞春寺厚狭毛利氏右田毛利氏毛利元倶毛利元政渡辺通麻原助六井上光兼重見通種

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone