粟谷 新太郎(読み)アワヤ シンタロウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

粟谷 新太郎
アワヤ シンタロウ


職業
能楽師(喜多流シテ方)

肩書
粟谷能の会主宰,能楽協会理事

生年月日
大正8年 4月6日

出生地
東京

経歴
父の14世喜多六平太、15世喜多実、友枝喜久夫等に師事。5歳の時「雲雀山」の子方で初舞台。喜多流の重鎮として活躍。昭和40年日本能楽会会員、のち能楽協会理事を務める。

没年月日
平成11年 5月21日 (1999年)

家族
父=粟谷 益二郎(喜多流シテ方),長男=粟谷 能夫(喜多流シテ方),弟=粟谷 菊生(喜多流シテ方),粟谷 辰三(喜多流シテ方),粟谷 幸雄(喜多流シテ方)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android