粟谷 菊生(読み)アワヤ キクオ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

粟谷 菊生
アワヤ キクオ


職業
能楽師(喜多流シテ方)

肩書
日本楽会会長 重要無形文化財保持者(能シテ方)〔平成8年〕,日本芸術院会員〔平成15年〕

生年月日
大正11年 10月31日

出生地
東京市 京橋区新富町(東京都 中央区)

経歴
父は喜多流シテ方・粟谷益二郎で5人きょうだい(4男1女)の二男。大正14年「鞍馬天狗」の花見の稚児役で初舞台、昭和3年「猩々」で初シテ。成城中学に進むが(同級生に丹波哲郎がいた)、退学し、9年喜多実の内弟子となった。18年喜多六平太に師事。20年千葉県佐倉の第五七連隊に入隊したが、肺浸潤のためすぐに除隊。29年第1回能楽渡欧団の一員としてベネチア国際演劇祭に参加。30年粟谷兄弟能(56年より粟谷能の会)を創設。40年より日本能楽会会員。平成8年人間国宝、15年日本芸術院会員。重厚な技芸と幅広い芸域に定評があり、「安宅」「景清」「杜若」「伯母捨(姨捨)」などを得意とした。17年日本能楽会会長に就任。兄の新太郎、弟の辰三、幸雄も能楽師となった。

所属団体
日本能楽会

受賞
日本芸術院賞(平11年度)〔平成12年〕 旭日双光章〔平成7年〕 観世寿夫記念法政大学能楽賞(第13回)〔平成3年〕

没年月日
平成18年 10月11日 (2006年)

家族
父=粟谷 益二郎(能楽師),兄=粟谷 新太郎(能楽師),弟=粟谷 辰三(能楽師),粟谷 幸雄(能楽師),長男=粟谷 明生(能楽師)

親族
従妹=ペギー葉山(歌手),甥=粟谷 能夫(喜多流シテ方)

伝記
景清―粟谷菊生の能舞台 鳥居 明雄,吉越 研 編(発行元 ぺりかん社 ’06発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

粟谷 菊生 (あわや きくお)

生年月日:1922年10月31日
昭和時代;平成時代の能楽師(喜多流シテ方)
2006年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android