精兵・勢兵(読み)せいびょう

  • せいびょう ‥ビャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 弓を引く勢いが強いこと。弓を射る力が強いこと。また、その者。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※雑談集(1305)三「をとつらの新左衛門尉と申せしは、聞へたる勢兵(セイビャウ)也。矢は十三束三伏也」
② よりすぐった兵。えりぬきの武者。精鋭の兵士。せいへい。
※三代実録‐元慶二年(878)三月二九日「事須量発精兵、扼其喉咽
※天草本伊曾保(1593)鳥と獣の事「サンザンニ キリタテラレ xeibiǒ(セイビャウ) アマタ ウタセ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android