コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糟屋磯丸 かすや いそまる

1件 の用語解説(糟屋磯丸の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

糟屋磯丸

江戸後期の歌人。三河生。名は貞良、通称は新之丞・半之丞。井本常蔭に歌を学ぶ。のち女流歌人林織江を介して芝山持豊の門人となる。母と死別後、諸国を行脚。彼の歌は呪禁に用いられ、百病の他火除、雷除などに効果を信じられ、歿後は磯丸神社をみる程で、歌碑も多い。著書に『新編磯丸全集』がある。嘉永元年(1848)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糟屋磯丸の関連キーワード梅老岡田芝斎織田東民川井立斎市岡みち子伊星双缶斎藤抱山宇野億中糟谷磯丸高橋正翁

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone