コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸川英夫博士

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

糸川英夫博士

日本初の人工衛星おおすみ」の開発に携わるなど、国内の宇宙研究の基礎を築いた。2010年に「はやぶさ」が微小物質を持ち帰った小惑星は、博士にちなんで「イトカワ」と命名された。

(2012-04-28 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

糸川英夫博士の関連キーワード中川 良一

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糸川英夫博士の関連情報