コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸巻き・糸巻 いとまき

大辞林 第三版の解説

いとまき【糸巻き・糸巻】

糸を巻くこと。また、そのための板きれや道具。
釣り糸を巻き収める道具。
三味線・琵琶・バイオリンなど弦楽器の頭部にあって、弦を巻きつけ、音高を調節するねじ。転手てんじゆ
江戸時代の婦人の髪の結い方の一。髷まげの髪を笄こうがいに巻きつけてのような形にしたもの。
家紋の一。にかたどったもの。
「糸巻の太刀」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

糸巻き・糸巻の関連キーワードバイオリン江戸時代三味線弦楽器琵琶家紋太刀道具音高糸巻転手

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android