コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸縒り・糸撚り いとより

大辞林 第三版の解説

いとより【糸縒り・糸撚り】

糸によりをかけること。糸をよりあわせること。
「糸縒り車」の略。
延年舞の一つで、枠に糸をよりながら、いとしい人を待つという所作をいう。 「三十郎が狂言、伝介が-とて京中これに浮かされて見物するほどに/仮名草子・東海道名所記」
イトヨリダイの略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

糸縒り・糸撚りの関連キーワードイトヨリダイ東海道名所記糸縒り車仮名草子延年舞狂言

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android