コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸遊・糸結 いとゆう

大辞林 第三版の解説

いとゆう【糸遊・糸結】

晩秋や早春の頃、空中に蜘蛛くもの糸が浮遊する現象。あるかなきかのものにたとえられることが多い。遊糸。 「霞晴れみどりの空ものどけくてあるかなきかに遊ぶ-/和漢朗詠
陽炎かげろう」に同じ。 [季] 春。
〔漢語「遊糸」の訓読みによって生じた語ともいわれるが未詳。あるいは「糸木綿いとゆう」より出た語か〕 透けて見える薄い布帛ふはく。 〔「糸結」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

糸遊・糸結の関連キーワード遊糸

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android