コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀ノ川柿

1件 の用語解説(紀ノ川柿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

紀ノ川柿

和歌山県で生産されるカキ。品種名ではなく、「平核無」を木になったまま脱渋する方法で栽培したもの。固形アルコールの入ったビニール袋を被せ、色づくのを待って収穫する。脱渋庫による一般的な渋抜きに比べ、甘みが強くなる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀ノ川柿の関連キーワードはるか白鳳田口早生丹波黒刀根早生富房ひめきゅうり紅まどんな和歌山だいこん和歌山県和歌山市鳴神

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone