コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀三冬

1件 の用語解説(紀三冬の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

紀三冬

国学者・日前国懸神社宮司(紀国造)七十五世。姓は飛鳥井、通称式部・麻績王・麻績麻呂、名は俊庸。飛鳥井雅重四男、紀慶俊の養嗣子本居宣長門人。文政8年(1825)歿、57才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀三冬の関連キーワード江見清風福原周峰鈴木松太郎津守国美中西石陰国懸神宮七十五日初物七十五日城村五百樹吉田良義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone