コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀南海山列 きなんかいざんれつ

1件 の用語解説(紀南海山列の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔和歌山県〕紀南海山列(きなんかいざんれつ)


和歌山県潮(しおの)岬の南方沖、四国海盆の中央に南北に連なる海山列。潮岬の南南西約230kmの紀南海山(水深1670m)を北端とし南南東に約650kmにわたって十数個の海山が弧状に点在。中部の第2紀南海山の水深は670m。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀南海山列の関連キーワード潮岬和歌山県和歌山県立医科大学近鉄百貨店 和歌山店しおのえわかちゃん和歌山県民文化会館和歌山タカシマヤ小野真次瀬見善水

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone