コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀定麿 きの さだまる

1件 の用語解説(紀定麿の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

紀定麿

江戸後期の狂歌作者。名は義方、通称は義助。号は野原雲輔・本田原勝栗・晩年更に己人亭重丸と改める。幕府の御勘定組頭を務める。大田蜀山人の甥。天保12年(1841)歿、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀定麿の関連キーワード芦辺田鶴丸砧音高砧音成拙堂如雲竹内真葛本阿彌親平菅江嶺勇村一甫紀定丸全亭正直

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone