コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀楳亭 きの ばいてい

美術人名辞典の解説

紀楳亭

江戸中期の画家。京都生。名は時敏、字は子恵、別号に九老山人・楳華等。初め岩城藍田の家僕であったが、藍田にその画才を認められ、与謝蕪村の門に学ぶ。のち近江に住し、湖南九老と称する。世に近江蕪村と呼ばれた。文化7年(1810)歿、77才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android