コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀楳亭 きの ばいてい

美術人名辞典の解説

紀楳亭

江戸中期の画家。京都生。名は時敏、字は子恵、別号に九老山人・楳華等。初め岩城藍田の家僕であったが、藍田にその画才を認められ、与謝蕪村の門に学ぶ。のち近江に住し、湖南九老と称する。世に近江蕪村と呼ばれた。文化7年(1810)歿、77才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android