コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅いコーリャン

2件 の用語解説(紅いコーリャンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

紅いコーリャン

1987年製作の中国映画。監督:チャン・イーモウ、出演:コン・リー、トン・ルーチュン、チアン・ウェンほか。第38回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紅いコーリャン
あかいこーりゃん

中国映画。1987年作品。原題は紅高粱。監督はチャン・イーモウ(張藝謀)。1920年代末の中国山東(さんとう/シャントン)省。九児(ジョウアル)(コン・リー(鞏俐)、1965― )は父の命令で、親子ほど年が離れハンセン病を患う造り酒屋の男に嫁ぐことになる。輿(こし)入れの道中に盗賊に襲われるが、御輿(みこし)の担ぎ手の余(ユー)(チアン・ウェン(姜文))の助けで救われる。その後実家に里帰りした帰路、ふたたび彼女は賊に襲われるが、今度の賊は余で、お互いひかれあっていた2人はコーリャン畑で結ばれる。やがて行方不明となった夫にかわり、九児が造り酒屋を継ぎ、余と結婚。コーリャン畑で身ごもった息子の豆官(ドグゥアン)も成長して一家は幸せな日々を過ごすが、それもつかのま、村に日本軍が侵攻してくる。余と仲間たちは決死の覚悟で立ち向かう。荒唐無稽(こうとうむけい)で神話的なストーリーと、鮮烈な赤色を強調した緻密(ちみつ)な色彩設計が印象に残る、チャン・イーモウの監督デビュー作。第38回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作。中国映画の「第五世代」を代表する1本で、監督チャン・イーモウと女優コン・リーのコンビ第1作。このコンビはその後も『菊豆(チュイトウ)』(1990)、『紅夢(こうむ)』(1991)、『秋菊の物語』(1992)などを連作した。原作・共同脚本のモー・イエン(莫言)は2012年にノーベル文学賞を受賞。[石坂健治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

紅いコーリャンの関連キーワード竹下登内閣横山めぐみMAGUMIマンガ日本経済入門朝鮮映画バブル経済横浜事件シェール多段階記述様式倉俣史朗

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紅いコーリャンの関連情報