コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅レン(簾)石 こうれんせき

1件 の用語解説(紅レン(簾)石の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

紅レン(簾)石【こうれんせき】

マンガンを含んだ緑レン石族の鉱物。柱状の結晶を示し,淡紅色または紅色で,透過光に対しオレンジ黄〜鮮紅色の多色性がある。組成はCa2(Mn,Fe,Al)3Si3O12(OH)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

紅レン(簾)石の関連キーワード硬マンガン鉱水マンガン鉱軟マンガン鉱マンガン鋼造岩鉱物緑マンガン鉱不連続反応系列沼マンガン鉱眼球片岩ゴンヅ岩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone