コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅レン石(紅簾石) こうれんせきpiedmontite

世界大百科事典 第2版の解説

こうれんせき【紅レン石(紅簾石) piedmontite】

化学成分Ca2(Al,Fe3+,Mn3+)3Si3O12・OHの鉱物。緑レン石族であって単斜ゾイサイト類のうちMn2O3を5%以上含有する種を呼ぶ。単斜晶系に属し,形態は結晶軸b軸方向に延びた柱状結晶を示すが,粒状,塊状となる場合もある。{001}に完全なへき開を示す。赤褐色~紫赤色であって,薄片で観察する場合ピンク~すみれ色の著しい多色性が見られる。モース硬度6,比重3.45~3.52。埼玉県長瀞(ながとろ)地方,徳島県南東部の結晶片岩中の紅レン石片岩の構成鉱物として産出するほか,花コウ岩ペグマタイト,マンガン鉱床の母岩中にも産出する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

紅レン石(紅簾石)の関連キーワード緑レン石(緑簾石)イオン輸送エモンス石緑レン(簾)石普通角閃石(データノート)緑簾石パンペリー石(データノート)セラドン石(データノート)紅柱石(データノート)紅簾石

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android